予約カレンダー詳細

ログイン

灰色城綺譚 【魔女と猫】

田中豆腐店

灰色城綺譚募集します(*´꒳`*)

募集人数/利用人数
0 / 4
●灰色城綺譚とは? →ロールプレイ主体で話が進んでいく同人システムです! 判定はほぼありません! ●メリバなの? →みんなでエンディングを作りますが、ほぼメリバになります ※メリーバッドエンドとは、物語において、主人公当人にとっては幸せであるが、その周囲の人や読み手からはそうではないと思われる結末のこと ●キャラロストするの? →します!!!苦手な方は回れ右です! 魔女と猫 大通りから幾ばくかの道を通り抜けた先、 月光も届かぬその裏路地に 「夢を叶えてくれる館」があると言う。 おさげの少女は半信半疑で扉を開けた。 「「「いらっしゃいませ!」」」 出迎えてくれるのは3人の子供。 そして店の奥から魔女と呼ばれる妖艶な女性が微笑んだ 「ようこそ。夢見の館へ」 登場人物 【魔女】 PC達使い魔の主人。異国の服を見に纏った妖艶な女性。客が望む夢を見せることができるという。 舞台 【夢見の館】 栄えた街の怪しい路地にある店。魔女と呼ばれる店主の女性と使い魔と呼ばれる3人の子供達によって切り盛りされている。 5階建ての建物で1階は店内、2階は倉庫、3階は使い魔達の自室、4階は魔女の部屋がある。 店内はアンティークショップのようになっており、店に客が来るのは3日に一度ほど。 PC達の設定 ♦︎あなた達は魔女に仕える「猫」の使い魔だ。 ♢あなた達は使い魔として【夢見の館】にやってくるまでの記憶が曖昧だ。 ♦︎あなた達は【夢見の館】の外に出たことがない ♢あなた達は人間の姿にしかなれないし、魔法も使えない。 PC1 夢見の館からの招待状 あなたは魔女に仕える使い魔の1匹だ。 あなたは他の使い魔よりできる仕事は少ないが、ひとつだけあなたにしか出来ない仕事がある。それは客様においしいミルクでおもてなしすること。 新たなお客さんにあなたは目をキラキラさせた。 PC2 夢見の館からの招待状 あなたは魔女に仕える使い魔の1匹だ。 あなたの仕事はこの店の用心棒だ。誰よりも腕っ節には自信がある。 新たなお客さんにあなたは目を細めた。 PC3 夢見の館からの招待状 あなたは魔女に仕える使い魔の1匹だ。 あなたの仕事は魔女のお手伝いである。まだ魔法は使えないが、あなたは魔女の弟子として日々勉強に励んでいる。 新たなお客さんにあなたは目を伏せた。

コメント

ログインするとコメントできるようになります。
アカウント作成はこちら

田中豆腐店

一名決定済み(*´꒳`*)残り2名さま募集します!

2020年09月12日 削除
やったき

参加します! 当時はよろしくお願いします!

2020年09月12日 削除

参加します。

2020年09月12日 削除
Lain(れいん)

参加します。

2020年09月13日 削除